バイトだけで生きて行くための心得〜仕事選びとスケジュール管理〜

この記事をシェア、ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

行動力ある彼女たち

初夏の大型連休、ゴールデンウィーク、夏休み、年末年始の休みと、日本には、割と大きな休みが何回かに分けてあります。
その休みを利用して、若い女の子たちは、グループもしくは一人で、リゾートでのアルバイトに精を出します。
短期間でのアルバイトで、時給も良く、稼いだ後は、そのリゾート付近で遊んで帰って来れます。
しかも、派遣会社に登録して、地方のリゾートアルバイトに向かう際の旅費は、派遣会社が持つ事が多いので、女の子たちにすれば、一石二鳥ですね。
雇用する側も、忙しい時だけの短期雇用は雇用が難しく、人手不足は避けなければならないので、派遣会社に頼むのは、少々コストも高くても、どちらにもメリットがあるので、的確な雇用形態といえますね。
このリゾートアルバイトをして、全国を旅してる女の子たちも居て、それをブログに載せていたり。
読んでみると、毎日が新鮮で、ドラマがあるとの事。
若い時の経験は、後で大きく花開く時もあり、その経験がのちの人生を変えたりする事もあるので、一概にフラフラしてると非難はできませんね。
今、大学を出ても就職が難しく、資格を取得するのに、就職浪人し、勉強する人が増えているんだそうです。
勉強も、人生経験も大事。
それぞれの価値観の問題でしょうが、二極化してるのも想像できますね。
リゾートでのアルバイトは、殆どが接客業になると思いますが、この接客経験が、コミュニケーション能力を高め、人を観察するクセ、相手を考えて話す事の大事さ、仕事の段取り、ヒエラルキーを覚える良い経験になると思うんです。
どんな職種にもいえますが、基本は接客だと思いませんか。
接客、コミュニケーション能力の高い子は、基本、相手の話を良く聞き、勘の良い子が多いのです。
こういう子たちは、心の切り替えも早いので、覚えも早く、大体にして、明朗活発と称されます。
だから、全国のリゾート地に行ってみたいという革新的な考えもできるんですね。
保守的な考えの持ち主から見れば、何とも羨ましい限りです。